理想の家を建てるための予算設計

安心して家を買いたい人のためのサイト

これから家を建てたいというあなたへ

家を建てるのは、人生の大イベントです。失敗したくはないものですね。 一生ものですから、できるならば出費を惜しみたくはありません。 だからと言って無尽蔵にお金を使うわけにはいきません。 一体、どれぐらいが家を建てるために必要なの?と相場もぴんと来ない人もいるかもしれませんね。

大きな額になる自宅の新築資金

金額が金額だけに、現金払いで済ませるというわけにはいきません。 銀行で住宅ローンを利用したり、あるいは親の退職金の贈与を受けて、それを資金にするという方法が一般的です。 ですが、金額が大きい分、扱いもそう簡単ではありません。注意しておく点がいくつかあります。

余裕を持った資金繰りを

建築予算を低くすれば、その分、設備の水準が低くなったり、欲しいものをつけられなかったりと、満足度が下がってしまいます。 ですが、下げられるところがあるなら、できるだけ下げたいというのも人情。 家を建てたはいいけれど、その後の生活が苦しくなったでは元も子もありませんね。

家を建てるために必要なお金

最近は土地の値段も下がり、家も建てやすくなりました。都会の一等地ならまだしも、地方ならば一軒家を持って一人前なんていう考え方が当たり前の地域もあるのではないでしょうか。

子供が生まれて、これから育てていくにはやはり狭いマンションの部屋よりも広い一軒家のほうがよいでしょう。独身だけど、自分だけの城を構えたいという独身貴族の方もいるかもしれません。また、子供が大きく育って、夫婦だけで住むために建てたい家というのもあるかもしれません。建てたい家は人それぞれだと思います。

家は一生ものの買い物です。住まいの理想を叶えるためには、理想的な設計や素材、建築業者などを選ぶ必要があります。
ですが、それらを実現するためにはもちろん、相応の予算が必要になってきます。
あなたがお金に糸目をつけないアラブの石油王ならば、何の不安も心配もありません。ですが、一介のサラリーマン、自営業者だというならば、予算のことはしっかりと考えなくてはいけませんよね。
しかし、家は設備や構造を1ついいものにしようとするだけで、数十万単位で金額が変わってきます。

できるだけコストを抑えて、安く家を建てたいと思う反面、あまり安くすると今度は不良部分も出てくるのでは?と考えてしまいますよね。
安くなりすぎず、しかし、高くなりすぎず、ちょうどいい加減で、質の高い、理想の家づくりをしたい。贅沢な悩みでしょうか。

いいえ、家を建てる人、誰もが望んで当然だと思います。