>

安心して家を買いたい人のためのサイト

これから家を建てたいというあなたへ

本体工事費用とそれ以外の必要費用

家を建てるうえで必要となる予算ですが、通常、広告などに坪単価で書かれている価格は本体工事費用だけで、水道管やガス管などを引き込んだり、空調設備、照明器具、庭を造園する費用などは別途必要です。
それを忘れて予算を組むと、水もガスも出ない家ができたり、殺風景な庭が放置されたままになったりするのです。

その他、土地も一緒に購入したのならば、登記のための手数料は必要ですし、固定資産税は毎年、納付が必要になってきます。
そのほかの種々の税金も必要ですし、新しく建てた家に引っ越すための費用も忘れてはなりません。

多くの費用が必要になってきますので、初めに全部洗いだし認識することが大切でしょう。
後で知って、汲々とならないように。
前もってちゃんと予算内に組み込んでおけば、心にも余裕ができるでしょう。

無理をしないで慎重に計画を

さて、それでは具体的に家を建てるのには、いくらぐらいかかるのでしょう。

地域によって金額は変わりますが、土地の価格は考えないで、本体工事費用、別途必要となる付帯工事費合わせて、おおよそ坪80万円から100万円くらいが相場になっています。

ただ、とにかく思いもかけないところで出費があるのが、家の建築です。
綿密に時間をかけて計画を立て、予算の過不足がないように必要な金額を割り出し、予算上限をしっかりと決めて、話を進めていかないと、際限なく金額は膨れ上がっていきます。

それこそ、1,000万円ぐらいで作れる都会の狭小住宅から数億の豪邸まで、一言で家を建てると言っても様々ですが、自分の身の丈に合った家を建てることが大切ですよね。


この記事をシェアする